年齢階層別患者報告数(岐阜地域)  DATE:2018/01/17 03:50
 調査期間:2018/01/08〜2018/01/14
年間カレンダー
疾患名 〜6ヶ月 〜12ヶ月 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10〜14歳 15〜19歳 20歳〜 合計
RSウイルス感染症 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
咽頭結膜熱 1 1 4 2 1 1 0 2 0 0 0 0 0 0 12
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 0 0 0 0 2 3 2 1 0 1 1 2 0 0 12
感染性胃腸炎 0 6 15 10 10 3 4 3 3 2 1 14 0 3 74
水痘 0 0 0 0 1 0 0 1 1 0 0 1 0 0 4
手足口病 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2
伝染性紅斑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
突発性発疹 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
コメント:
感染性胃腸炎の患者数は多いですが、乳児やとくに重症の患者はほとんど見かけません。咽頭結膜熱やA群溶血性レンサ球菌咽頭炎の患者が増加しています。発熱を主訴とし、インフルエンザとの鑑別が問題になります。注意しましょう。